大阪南船場のセレクトショップ『TODAY IS THE DAY』のスタッフブログ


by shoptodayistheday
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

続いてレフトフィールドからの入荷。


a0122933_17165521.jpg
brand:Left Field
model:GREY TERRY HOODED SWEATSHIRT
color:HEATHER GREY
size:S,M,L
price:20,000yen+TAX


弊店には初入荷ですがレフトフィールドでは不定期にリリースされているジップアップパーカー。
ジーンズに隠れていますが実は裏定番モデルなのです。

私の知る限りリリースしてもワンカラーのみの展開なうえ毎シーズン作るとは限らない、うっかりするとすぐオーダーラインナップから消えてしまう入手難易度の高いモデル。店の仕入れ的にですが。

で、今シーズンは王道のグレーボディ+違うトーンの淡いグリーンがかったグレーリブ、といった2トーン仕様。
そしてレフトフィールドのジップアップパーカーならではの1940年代のヴィンテージを踏襲した後付けフードに復刻TALONジッパー。
相変わらず素材やパーツへのこだわりは、このデザイナー本当にヴィンテージ好きなんやなーと思わせるチョイス。


a0122933_17165936.jpg

a0122933_17170138.jpg

a0122933_17170634.jpg



18オンスのヘビーウェイトボディに、フカフカのウォッシュ仕上げ。
さすがにまだこの暑さじゃ着れませんが、秋になれば大活躍間違いなし。
ヴィンテージ愛に溢れながらもスタンダードな杢グレーですのでかなりの汎用性がありそうです。


a0122933_17171416.jpg

a0122933_17172981.jpg

a0122933_17173177.jpg

a0122933_17173391.jpg

ヴィンテージにも見られるしっかり形成を保持するダブルフェイスのフードですので、ぺったりとしないのも重要ポイントですよねー。

もちろん他のレフトフィールド製品同様にMADE IN NEW YORK。
こういうシンプルでクォリティの高いものはサクッと売り切れる気がします…。

オンラインストアにもアップしておりますので遠方の皆様も是非どうぞ!




[PR]
by shoptodayistheday | 2017-07-23 17:38 | LEFT FIELD | Comments(0)
アメリカのレフトフィールドから秋デリバリーがスタート。
きっと多くの皆様が欲しかったであろう、Gジャンです。私も欲しかった。



a0122933_16202567.jpg

brand:Left Field
model:MULESKINNER
color:KURABO 15oz SELVEDGE JAPANESE DENIM
size:S,M,L
price:36,000yen+TAX


なんとなくじわじわ復活してきているように感じるGジャン、まだまだ着ている(または持っている)方は少ないと思います。
が、実は弊店でも既に展開しているテラソンのGジャンが常に品切れ状態、潜在的ファンが多くいることを実感している今日この頃。
こちらのGジャンも、こんなの欲しかった!というお声をいただけそうなモデルです。



a0122933_16203021.jpg

a0122933_16203271.jpg

a0122933_16203549.jpg

a0122933_16203761.jpg

a0122933_16204040.jpg

a0122933_16204399.jpg

いわゆるリーバイスの1stタイプの1チェストポケットのデニムジャケット。
トリプルステッチやサイドポケットなどのアレンジこそあれ、ボックスシルエットの懐かしいあの雰囲気は健在。
リーバイスの1st・2ndのアームホールを少しだけ細長くしたバランスと思って頂ければよろしいかと。


a0122933_16204939.jpg

a0122933_16205958.jpg

a0122933_16210254.jpg
※175cm61kgでMサイズ着用(ゆったりめ)

最近は少しゆったりめが好きなのでややオーバーサイズ気味なMを洗ってサンプルとしてみました。

個人的にはデニム上下も全然OKなのですが、そうでない方も多いとは思いますので、オーソドックスなコーディネートも。

a0122933_16210542.jpg
※175cm61kgでMサイズ着用(ゆったりめ)

懐かしさのある、ザ・アメカジな組み合わせですがやっぱり男臭くていい感じですね。

日本の岡山・クラボウ社に別注した15オンスのしっかりしたデニムを採用していますので色落ちも間違いないことでしょう。



ちなみに洗うとこんな雰囲気に。(着用画像で使用しているウォッシュサンプル)

a0122933_16211532.jpg

a0122933_16211748.jpg

a0122933_16212062.jpg


画像にはありませんが、レザーパッチとデニム生地の縮みの差による歪み皺もレザーパッチの裏側に出てくるあたりも、さすがレフトフィールド判ってるぅ!と言いたくなるポイント。
ヴィンテージ好きならあの感じ、わかりますよね。

ちなみに決してスタイリッシュではないボックスシルエットに欧米人向けの長めの袖丈、やや落ちてしまう広めの肩幅等々、決してオシャレにアレンジされたものではありません。
どちらかというと袖丈以外はヴィンテージに近いあの野暮ったいとも言われるシルエットですが、このバランスが逆に今カッコイイ。
基本的に太めのボトムによく合います。



外は思いっきり夏本番ですが、、
春や秋の軽アウターとして飽きずに何年も着ていただける、オーセンティックなGジャン、是非ご検討ください。


オンラインストアにもアップしています。遠方の皆様も是非どうぞ。










[PR]
by shoptodayistheday | 2017-07-22 17:02 | LEFT FIELD | Comments(0)
ホワイツのブーツ、先日ご紹介のラフアウトに加え、ほぼ売り切れとなっていたこちらも再入荷もありました。
a0122933_20020947.jpg
brand:WHITE'S BOOTS
model:SEMI-DRESS
color:BLACK WATER BAFFALO
size:7H,8,8H,9,9H
price:90,000yen+TAX


今現在私も愛用しておりますこちら、本当にご購入いただいた皆様からご好評いただいております。
基本的にホワイツはどれも好きなのですが、上品な光沢とライニング付きならではの足入れの良さ、セミドレスヒール等々、モデル名の通りのドレス寄りワークブーツの最高峰だと思います。
もちろんタフネスさではクロムエクセルやラフアウトには及びませんが、きれい目なワークスタイルにはこれ以上ないモデルです。


a0122933_20021434.jpg

a0122933_20021756.jpg

a0122933_20022197.jpg

a0122933_20022449.jpg

a0122933_20023348.jpg

a0122933_20023676.jpg

オンラインストアの方にも在庫を再アップしております。
これまでタイミングを逃されていた方、いつかはと狙っていた方、是非是非サイズが揃っているこの機会に。






[PR]
by shoptodayistheday | 2017-07-21 20:10 | WHITE'S BOOTS | Comments(0)

WHITE'S BOOTS SEMI-DRESS ROUGHOUT

ども!皆様ご無沙汰しております。
7月1日からスタートしたセールもお陰様で盛況となり、ご利用いただきました皆々様に厚く御礼を申し上げます。誠に有難うございました。
一応あと3日ほど期間を残していますので最後の駆け込みもお待ちしております。



さてさて、店頭には徐々に秋物が届き始めており少しずつ店頭も衣替えを始めちゃってたりしますが、如何せんこの暑さ、、
連日の熱帯夜にもうんざりしている今日この頃ですので紹介するのも憚られますが、そんなことも忘れるぐらい早く履きたい欲求に駆られるこちらを!


a0122933_14530532.jpg

brand:WHITE'S BOOTS
model:SEMI-DRESS
color:BLACK ROUGHOUT
size:7,7H,8,8H,9,9H(width=E)
price:85,000yen+TAX


私も秋冬はかなりの頻度で着用しているホワイツのブーツ。
ウォーターバッファローやクロムエクセルレザーのモデルも好評ですが、もう一つとてもいい組み合わせのカスタムを思いついたのでオーダーしました。



a0122933_20040573.jpg


a0122933_20053206.jpg


a0122933_14525671.jpg

アメリカ・ホワイツ社のオフィシャルページのカタログには表革のモデルしか掲載されていないセミドレスですが、「スモークジャンパーと同じラフアウトスウェードで!」とお願いしたところすんなりOKもいただけました。
さらに、レトロな雰囲気が魅力のvibram社コンポジションセパレートソールも指定。
結果こんな素敵なセミドレスが出来上がり、私店主もご満悦。ウヘヘ。


a0122933_14530287.jpg

a0122933_14531216.jpg

a0122933_14531627.jpg


迫力があるのにマットな質感のおかげで落ち着きも備えていますので、ガチガチなワークスタイルはもちろん、ソフトなワークスタイルにもすんなり溶け込むオールマイティーさが魅力。

スモークジャンパーと同じ極厚のラフアウトスウェードは油分も多いため雨にも強く傷も目立たない特性(ラフアウトスェードは金属製の櫛で毛羽立ちを作るので、ある意味元々傷だらけのようなもの)ですのでヘビーユースにも十分応えてくれます。


梅雨明けしたばかりの夏本番ではありますが、秋冬の高単価アウターとは被らないこのタイミングでこういったブーツを手に入れるのも負担が少なくて案外おすすめ。


手入れを行えば10年20年とお使いいただけるホワイツのブーツ。
オンラインストアにもアップしていますので全国のブーツ好きの皆様、是非ご検討を。



[PR]
by shoptodayistheday | 2017-07-20 15:19 | WHITE'S BOOTS | Comments(0)