大阪南船場のセレクトショップ『TODAY IS THE DAY』のスタッフブログ


by shoptodayistheday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

WESCOはじめました。

カキ氷はじめました。的なノリのタイトルですが。アハハ。

そうなんです、とうとう「VIBERG(ヴァイバー)」「WHITE'S(ホワイツ)」に続き、北米3強ブーツブランドの最後の一角であった「WESCO(ウエスコ)」も取り扱えるようになりました!いや~感慨深い。。

そしてもちろんウエスコといえば、なこの看板モデルをやらないわけにはいきません。


a0122933_18243197.jpg

brand:WESCO
model:BOSS (CUSTOM) 9inch HEIGHT
color:BLACK ROUGH-OUT,BURLAP(BEIGE) ROUGH-OUT
size:7,7.5,8,8.5,9(Width E)
price:90,000yen+tax(BLACK),95,000yen+tax(BURLAP)



言わずと知れたエンジニアブーツの最高峰、BOSS!
価格的にも最高峰なBOSSではありますが…、レッドウィングやチペワでは物足りないというこだわり派の方が辿り着くエンジニアブーツの到達点ともいえるこのBOSS、きっと価格以上の満足感を得られることかと思います。なにせこの上は無いと言ってもいいぐらいですから。

そんな憧れの名モデルですが、オーダーをする際にさりげなくカスタムしてもらいました。


a0122933_18402247.jpg



a0122933_18403842.jpg



「ヒールのみ表革に切り替え」


コーディネートの邪魔にならないように、基本スタンダードなままのラフアウトスウェードアッパー。
そして同色の表裏の切り替えしでさりげなく2トーンに。
何箇所も切り替えるとアクが強くなるので、ヒールの1箇所のみにしてもらってます。う~ん満足(゚∀゚)/イイネ


なお、他のディテールはというと

・#100VIBRAMソール
・スチールトゥ
・ニッケルハードウェア
・9インチハイト
・ブラウンステッチ

他ショップで見かけるノーマルトゥ(スチール無し)も平べったくて、レッドウィングやチペワのスチールトゥの丸みのあるトゥと差別化できて良いのですが、敢えて本格仕様のスチールトゥを指定しました。
個人的にですが、かなり穿きこんだ後の擦り切れたつま先から、チラッとスチールが露出してしまうことすらカッコイイと思えるわけで、この仕様にしてみました。
履きこんで膝が破れたジーンズが別の魅力を持つのと同じように、スチールが露出することにより第二の魅力が出る訳です、はい。
もちろんそうなるためにはそれ相応の穿きこみが必要ですが…。



とにかく、これぞオトコのブーツ!といった堅牢性と重厚さ、そしてえもいわれぬカッコよさ。
間違いなく、「いつかは手に入れたいブーツリスト」の内のひとつ。



a0122933_19163.jpg



a0122933_192670.jpg



a0122933_1923840.jpg



a0122933_1925241.jpg



a0122933_1931186.jpg




a0122933_1932684.jpg



a0122933_1933993.jpg



a0122933_194930.jpg




なお、特にBURLAP(ベージュ)の方はスウェードの毛羽具合が決して左右均一というわけでは有りません。
画像のように差があることは結構な確率でありえます。(ブラックは目立たないだけともいえますが。。)

値段が高い=個体差が無く均一、という感覚はこの手のワークブーツとは比較的無縁です。というか古くから存在するアメリカ物は大体がそうであり、それが逆に魅力でもあるのです。
個体差・ムラを逆に自分のオリジナルとして更に愛着あるものにしていく、そうお考えいただければ幸いです。



語りたいことが多かったので少々長文になってしまいましたが、間違いなくおススメできるブーツです。
本日よりオンラインストア、店頭共に販売を開始しております。
外はこれから夏本番といった感じですが…、秋に向けて熟考いただければと思います。
[PR]
by shoptodayistheday | 2014-07-21 19:14 | WESCO | Comments(0)

2014AWいよいよスタート!

皆様お久しぶりでございます、店主です。
約2週間のサマーセールも多くの皆様にご来店&お買い上げいただきました。皆様誠に有難うございました。

さてさてそんな2週間が終わり、ここ南船場はしっかり通常運転中。。とにかくヒマ。。
まー、まだ界隈ではセール期間中ですからねぇ。もう少し期間延ばせばよかったかしらん。

ともあれ弊店ではす少しずつではありますが、秋態勢へと切り替え中でございます。早ーっ!
本格的にはお盆明けぐらいから秋物へと変わりますが、早くも2014AWの第一弾が届きましたので今日はこちらをご紹介。
AWつっても軽いシャツですので即戦力になる、年中使える便利なやつですのでどうぞ。



a0122933_1916315.jpg



2014SSスタートながらお問い合わせの多いこのブランドから、大定番のシャツが届きました。


a0122933_19174961.jpg

brand:AU GARCONS
model:FRANK (Full Open French Workshirt)
color:WHITE(OXFORD),STRIPE(INDIGO TWILL)
size:S,M,L
price:17,000yen+tax(WHITE),18,000yen+tax(STRIPE)


先のSSシーズンではいろいろあってスルーした、このブランドの定番モデルであるスタンダードなワークシャツ、"FRANK"。
プルオーバーとフルオープンの2種あるのですが店主的に好きなほうのフルオープンをセレクト。



a0122933_1923622.jpg


a0122933_19233735.jpg


a0122933_1924456.jpg


a0122933_19244733.jpg




a0122933_19251023.jpg


a0122933_19252461.jpg


a0122933_19253561.jpg


a0122933_19255893.jpg




画像からもなんとなく感じていただけると思いますが、特段スタイリッシュにアレンジしているわけでもなく、ただただ忠実に当時のユーロワークを再現したかのような、少しゆったりめのシルエット。
もちろん当時のオリジナルより若干細くはなっているとは思いますが、弊店扱いのGITMAN VINTAGEのようなシェイプしたシャープさとは違った、リラクシンな着心地。
変に今どき風にアレンジしないところがこのブランドの真面目さを感じます。
多分、限りなくビンテージに近い服。

スタイリッシュ、というよりアジのある、とにかく雰囲気重視で着ていただきたいウェアです。
ぴったりした色気のある服もいいけど、ストレスの少ないこんなウェアこそデイリーウェアとして気楽に着てみてはいかがでしょうか。要は使い分け。

ガンガン着込んでツギハギになっても格好いいのがワークウェアの魅力。
汚れやヤブレすらもパーソナルなアジとして楽しむのも良いかもしれません。


流行に左右されない、長く着れるシャツをお探しの方は是非候補のひとつとしてみてはいかがでしょうか。


本日より店頭及びオンラインストアにて販売開始しました!
[PR]
by shoptodayistheday | 2014-07-19 19:46 | AU GARCONS | Comments(0)