大阪南船場のセレクトショップ『TODAY IS THE DAY』のスタッフブログ


by shoptodayistheday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:KNICKERBOCKER MFG.( 4 )

KNICKERBOCKER MFG. CO. "JEFERSON"

連日ご紹介しているKNICKERBOCKER MFG. CO.ですがおかげさまでどれも好評、とても嬉しく思っております。
そして本日もまたニッカーボッカーから。




a0122933_18490383.jpg
brand:KNICKERBOCKER MFG. CO.
model:JEFERSON
color:STRIPE COMBO
size:S,M
price:23,000yen+TAX



これまでご紹介してきた無骨なミリタリー系から一転、クラシックなドレススタイルのクレリックシャツ。


襟を取り外して襟だけ洗濯できるようにしていた19世紀末〜20世紀初頭のシャツが起源と言われるクレリックカラー。
現在ではドレスシャツの1つのモデルとして人気ですよね。

そんな実は歴史の古いクレリックシャツを当時20世紀初頭の雰囲気で作製されたこちらの「JEFERSON」。


a0122933_18490835.jpg

a0122933_18491173.jpg

a0122933_18491514.jpg

a0122933_18491854.jpg

ドレスシャツとはいえ、菱型の装飾がなされたマザーオブパールのデコボタン、コンビネーションストライプのオックス生地、ショートプラケットなどなどかなりのヴィンテージ仕様。
ムードたっぷりの佇まいはまるでドイツの写真家アウグスト・ザンダーの名作ポートレート集「20世紀の人々」に写されているヨーロッパの人々のシャツのようです。



a0122933_18492194.jpg

a0122933_18493175.jpg

先日のシャンブレーほどではありませんがこちらのシャツもやや袖丈は長め。
余る方は折り返して着ていただいてもいい感じになるかと思います。


a0122933_18492593.jpg

a0122933_18492878.jpg

ワークシャツとドレスシャツの境界がまだ曖昧だった時代のシャツを思わせる、ヴィンテージムードたっぷりの「JEFERSON」。



オンラインストアにもアップ済みですので遠方の皆様も是非どうぞ。






[PR]
by shoptodayistheday | 2017-04-27 19:11 | KNICKERBOCKER MFG. | Comments(0)
本日2回目もやはりこちら。GWに間に合わせるため急ピッチでアップしています。



a0122933_18440285.jpg
brand:KNICKERBOCKER MFG. CO.
model:SERVICE SHIRT
color:INDIGO CHAMBRAY
size:S,M
price:23,000yen+TAX


こちらも店頭ですでに好反応なモデル、早々に売り切れる予感がします。
いわゆるスタンダードなシャンブレーシャツなのですが、一般的なものよりガッシリした質感の5ozシャンブレー、しかも日本産。この生地が実にいい。
もともと結構大きめのサイズスペックだったので弊店にて洗濯・タンブラー乾燥を行ったところ見事にシワシワに縮みました…。うん結果オーライ。


a0122933_18442139.jpg

a0122933_18442387.jpg

a0122933_18442679.jpg

a0122933_18442911.jpg

a0122933_18443297.jpg

濃紺のメラミン樹脂ボタンにアシンメトリーなサイズのポケット、ショートプラケットといったさりげないヴィンテージディテールも絶妙。
ヴィンテージディテールをこれでもかと詰め込んだ日本ブランドが多い中、この微妙に抑えた感・シンプルさが好感持てます。

そしてNYの熟練職人によるテーラー仕立てのパターニングはギットマンをはじめとするドレスシャツ並みの美しさ。
ワーク系ファクトリーのパターンとは袖の付け方などに違いがあるのです。

a0122933_18444046.jpg

a0122933_18444622.jpg

a0122933_18444978.jpg

最近私店主はこのシャツばっか着ています…。
ちなみにSサイズでも袖丈70cmありますので、基本は袖まくりです。
ま、普通の袖丈でもいつも袖まくりしている私にはなんら問題もないのですが。。一応ご参考まで。

そういった欧米ブランドならではの袖の長さは若干難点ではありますが補って余りある素材感と仕立ての良さ。
ウォッシュによって際立った凹凸感のある素材の風合いはかなりのハイレベルだと思います。



オンラインストアへも先ほどアップしました。遠方の皆様も是非どうぞ。




[PR]
by shoptodayistheday | 2017-04-25 19:06 | KNICKERBOCKER MFG. | Comments(0)
今日もこちらKNICKERBOCKERから。
先日のスタイリングでも登場しており、またご紹介前からすでに店頭で動きが出ている、


a0122933_15150363.jpg
brand:KNICKERBOCKER MFG. CO.
model:A-3 MECHANIC CAP
color:BLACK,NAVY,OLIVE
size:FREE
price:9,000yen+TAX


ヴィンテージミリタリーが好きな方ならご存知かもしれません、US ARMY AIR FORCEのメカニッククルーに支給されていたA-3キャップがデザインソース。
オリジナルはオリーブグリーンのヘリンボーンコットンツイルにサイドにAAFのステンシルが入る浅めのキャップ。
同じくオリーブのヘリンボーンジャンプスーツにD-1ムートンジャケットを合わせる、といった当時の兵士の写真などからもその格好よさは見て取れますが、もう少しアレンジを加えかぶり易くしたのがこちら。


クラウンをオリジナルより少し高く、生地はしっかり厚く、そしてバックにアジャスターをセットしワンサイズフィッツオールに。
もちろんヘリンボーンコットンツイルや芯無しのツバといったオリジナルの肝心な部分は継承、しっかり男臭い雰囲気は守られています。


先日のスタイリングでも使用したBLACK
a0122933_15151508.jpg

a0122933_15151737.jpg

a0122933_15152012.jpg

a0122933_15152211.jpg

そしてこちらもオリジナルには無いカラーのNAVY

a0122933_15152601.jpg

a0122933_15152740.jpg


そしてかなりオリジナルに近いOLIVE

a0122933_15153095.jpg

a0122933_15153256.jpg

a0122933_15153449.jpg

a0122933_15153708.jpg

と元々が航空機の整備を行うクルーがかぶる作業用のキャップ。ワーク系ウェアに合わないはずがありません。

そしてスポーツ用のベースボールキャップと違い当時のスタイルに倣ってツバを上げるのが個人的にはお薦め。


a0122933_15401848.jpg


a0122933_15374008.jpg





そしてもう一つ、

a0122933_15155439.jpg

brand:KNICKERBOCKER MFG. CO.
model:WATCH CAP TYPE 2
color:BLACK,NAVY
size:FREE
price:4,500yen+TAX


こちらもミリタリーモチーフ、デザインソースはUS NAVYのワッチキャップ。いわゆる船上で見張りを行う兵士の防寒用ニットキャップですね。
オリジナルは言うまでもなくウール100%ですが、こちらはコットン100%で。
とはいえオリジナルに負けないくらいのしっかりした肉厚があり編みも非常にしっかりしています。
そして特徴的な3ゲージと5ゲージの2段編みで構成された仕様はオリジナルからしっかり継承。
こういったオリジナルをアレンジし過ぎず本来の魅力を維持させているところがこのブランドの大きな魅力です。



a0122933_15160827.jpg

a0122933_15161196.jpg

弊店扱いのイギリスのHIGHLAND2000やそのほか一般的ニットキャップより少しだけ浅めの作りなのもこのミリタリースタイルの特徴ですね。



オンラインストアにも2モデルともアップ済み。遠方の皆様も是非どうぞ。





[PR]
by shoptodayistheday | 2017-04-25 15:49 | KNICKERBOCKER MFG. | Comments(0)
お待たせいたしました、すでに店頭で顧客様に絶賛いただいているこちらを順次ご紹介していきます。



a0122933_18025272.jpg

まずはブランドから。


KNICKERBOCKER MFG. CO.(ニッカーボッカーマニュファクチャリングカンパニー)

2013年、ニューヨーク・ブルックリンで創業。デザイナーはAndrew Livingston。
Bushwick地区Knickerbocker通りに面する廃業し稼働しなくなってしまった古い帽子工場をそのまま譲り受け、熟練の縫製職人と1950年代のSINGER社ミシンも再雇用・再稼働し生産しています。
1940-60年代の、アメリカ服飾史における黄金期とも言える時代のワークウェア・ドレスウェア・ミリタリーウェアからインスピレーションを受けたようなコレクションは、使用するミシンはもとよりファブリックやボタン、ラベルに至るまで当時の空気感を継承したような服作りとなっています。
ちなみに、ブランド名にもなっているストリートの名前「KNICKERBOCKER」はニューヨークがまだニューアムステルダムと呼ばれていたオランダ統治時代のオランダ移民たちを指す俗称のこと。



というわけで日本代理店もまだ無い、非常に流通の少ない良ブランド。
オーダーした今回のモデル全てを買ってしまった私、こんなの人生の中でも初めてです。。


まずは昨日のブランドイメージフォトでも多用されていたジャケット、
a0122933_18104929.jpg
brand:KNICKERBOCKER MFG. CO.
model:SERVICE CHORE COAT
color:NAVY,OLIVE
size:S,M
price:38,000yen+TAX


USMC(アメリカ軍海兵隊)のカバーオールをデザインソースにしたカバーオール、アメリカ国内ではよくこの手の3ポケットスタイルのカバーオールをチョアコートと呼ぶようです。


ヘリンボーンコットンツイルに13スターのブラックカッパーボタン、とにかく男臭さ漂う雰囲気の良い一着です。


NAVY
a0122933_18030998.jpg

a0122933_18031228.jpg

a0122933_18031596.jpg

a0122933_18031951.jpg

a0122933_18032449.jpg

a0122933_18032881.jpg


OLIVE

a0122933_18033687.jpg

a0122933_18033923.jpg

a0122933_18034347.jpg

a0122933_18034618.jpg

a0122933_18034965.jpg

a0122933_18035405.jpg

a0122933_18035776.jpg

決してスタイリッシュとは言い難いボックスシルエットに、スッキリ細いわけでも無いアームホール。
ところが素材の雰囲気と相まってなんとも男臭さが際立つ絶妙なバランス。
日本のブランドではなぜかこの雰囲気が出ないんですよね、なぜだかほんとアメリカ製ならでは。


ちなみに、もともと大きめのサイジングに加え袖が長めの設定のブランドのようで、さすがにこりゃ長すぎるということで弊店にてタンブラードライ済み。
頑張って縮めましたが一応175cm61kgの店主でSサイズで余裕です。。
鍛えられた逞しい体に合うんでしょうね、ホントは。


一応サイズSで36-38、サイズMで40-42というサイズ設定ですので、Sで一般的S〜M、Mで一般的Lぐらいな感じでしょうか。


ここ数年主流だったスッキリシルエットとは対極ですが、妙に惹かれてしまいますよね男なら。

とにかく格好良いニッカーボッカー、こちらはオンラインストアにもアップ済み。
他モデルも順次アップしていきますのでお楽しみに。





[PR]
by shoptodayistheday | 2017-04-23 18:28 | KNICKERBOCKER MFG. | Comments(0)