大阪南船場のセレクトショップ『TODAY IS THE DAY』のスタッフブログ


by shoptodayistheday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:LEFT FIELD( 10 )

LEFT FIELD Hemp-Cotton Border T

先日のテラソン同様に、いやそれ以上にマニアックでコアなファンが増加中のアメリカンデニムブランド、LEFT FIELD(レフトフィールド)からも荷物が届いています。


まずは再入荷分のお知らせとして


a0122933_20264654.jpg
brand:LEFT FIELD
model:MINER CHINO
color:JAPANESE 13oz SALT&PEPPER HEAVY TWILL
size:30,32,34
price:28,000yen+TAX

売り切れていた人気のサイズ30インチが数本のみ確保できました。これで終わりです。


a0122933_20265046.jpg
brand:LEFT FIELD
model:2PACK T-SHIRT w/POCKET
color:WHITE,BLACK
size:S,M,L
price:9,500yen+TAX

ポケ付き2パックTシャツもホワイトとブラックが入荷。
本当は昨年も展開していたグレートネイビーもオーダーしたかったのですが、現在のところ生産されていないようでとりあえずこの2色で。



そして、


a0122933_18192295.jpg
brand:LEFT FIELD
model:HEMPxCOTTON T-SHIRT w/POCKET
color:WHITExNAVY
size:S,M,L
price:7,800yen+TAX


風合いのある素材感の、王道かつシンプルな白紺のボーダーT。ポケット付きってのがちょっと嬉しかったり。


ヘンプ55%・コットン45%の素材感はウォッシュがかけられており、ふんわり柔らかで気持ちの良い風合い。
ヘンプ、いわゆる麻混の素材は乾きも早く放散性に優れているため、汗をかく夏でも肌へのベタつきが少なくドライ感をキープしてくれる日本の風土に合う素材。
暑がりさんにはうってつけです。


a0122933_18192564.jpg

a0122933_18192961.jpg

オーソドックスなボックスシルエットですが麻混特有の性質で、着用を繰り返すうちに幾分か伸びてきます。
それもまた風合いとして汲み取っていただけると幸いです。


a0122933_18193221.jpg

a0122933_18193556.jpg

a0122933_18193893.jpg

なお、175cm58kgの店主でMサイズを着ています。
しなやかで弾力のある素材感ですのでぴったりより少し余裕のあるサイズの方がドレープ感も出て良さそうです。


シンプルですが手放せない1枚になりそうな予感。


再入荷分も含め本日オンラインストアにアップしています。遠方のみなさまも是非どうぞ。





[PR]
by shoptodayistheday | 2017-03-26 18:34 | LEFT FIELD | Comments(0)
昨日ご紹介のレフトフィールドのMINER、おかげさまで早速の反響を頂戴しております。
そんなレフトフィールドからもう一型、こちらのボトムも届いています。

a0122933_15595369.jpg
brand:LEFT FIELD
model:"KEROUAC" SLIM TAPERED TROUSER
color:CHARCOAL 9oz SELVEDGE TWILL
size:30,31,32,34
price:23,000yen+TAX


先の春に入荷していた私も愛用中のインディゴツイルモデルKEROUAC。
その素材違いバージョンとなるのがこちら。

なお本来ならスリムテーパードモデルのため結構細身のシルエットなのですが、デザイナー曰く「想定より生地の縮率が小さかった」とのこと。
結果いつものサイズバランスよりワンサイズほど大きめに仕上がったそう。
商売っ気の無いデザイナーChrisitianらしいといえばらしい…。
ちなみにレフトフィールでは毎シーズン様々な素材でMINER及びKEROUACなどをリリースしており、未洗いのリジッド状態のものもあれば今回のようなウォッシュ済みのものもあります。
実際のところファブリックで全部縮率が違うためよくあることのようです。
いかにもアメリカンブランドなスタンスですね。


a0122933_15595789.jpg
a0122933_15595949.jpg
a0122933_16000144.jpg
a0122933_16000510.jpg
先日のMINER同様のアンティーク調メタルボタンや、ストライプシャンブレーのスレーキ、フライフロントなどなどこちらもクラシックディテールを装備。

旧織機による9ozの赤耳付きツイルは、重さで表示されると難しいかもですが最もスタンダードなチノパンの厚さを想像していただければよいかと。
オールシーズンの活躍が期待できるファブリックです。

また画像からもなんとなくお分かりいただけるかと思いますが、チャコールカラーと設定されていますが結構ネイビーに近いトーン。
ネイビーっぽいチャコールというかチャコールっぽいネイビーというか、ほんと中間っぽい色です。

いわゆるチャコールカラーのチノパンではありますが、テーパードしたやや細身なシルエットやシックなカラーリングのためカジュアルパンツとはいえやや綺麗めなコーディネートにも良さそうです。


a0122933_16001460.jpg
a0122933_16003099.jpg
175cm57kg、ウエスト70cmでサイズ30着用。
縮率の小ささにより結果的にスリムというよりスタンダードなテーパードトラウザーに仕上がったため、幅広い体型の方にも使っていただけるベーシックモデルになった今回のKEROUAC。
これはこれで全然ありですねということでオンラインストアにもアップしております。
遠方の皆様も是非チェックしてみてくださいね。







[PR]
by shoptodayistheday | 2016-11-08 16:48 | LEFT FIELD | Comments(0)
どもども皆様こんばんは。
明日のアメリカ大統領選、どうなるんでしょうか。
アメリカ経由の輸入が多い弊店としては何らかの影響が出ると思うので気になるところです。うーん、どっちになっても悪影響が出そうな予感しかしませんが…。


さてさてそんな渦中のアメリカはNYからこのブランドの年内最終便が届きました。

a0122933_18443970.jpg
brand:LEFT FIELD
model:"MINER" SLIM STRAIGHT CHINO TROUSER
color:JAPANESE 13oz SALT&PEPPER HEAVY TWILL
size:30,31,32,34
price:28,000yen+TAX


お陰様で弊店でもじわじわ人気が出始めて、ジーンズなどは再発注するなど確実にファンを増やしつつある(というより取り戻しつつある)NYはブルックリンのジーンズブランド「LEFT FIELD (レフトフィールド)」。

日本での売れ筋ばかりを作らせていた日本代理店との契約が切れ、すっかり本来のヴィンテージマニアぶりを発揮したコレクションとなっている同ブランド。
今回オーダーしたこのパンツも結構ゴリゴリのヴィンテージがソースとなったモデルです。

見るからに風合いのあるこのソルト&ペッパー素材、本来1930〜1950年代にアメリカ及びヨーロッパのヴィンテージワークウェアに用いられてきた、いわゆるブラックシャンブレーやごま塩と呼ばれるツイル。
ヴィンテージだと8〜10オンスぐらいが主ですが、そのファブリックを13ozというジーンズ並みにヘヴィに織り上げた日本・岡山産のもの。
ガシガシ・ゴワゴワした風合いが何とも無骨で男臭い風合いです。


ベースは現在のレフトフィールドが展開する定番の3モデル
「MINER(中庸でオーソドックスなスリムストレート)」「KEROUAC(一番細めのスリムテーパード)」「FIELD PANTS(軍チノモチーフのワイドストレート)」の一つ、最もオーソドックスな「MINER/マイナー」。

春に入荷したインディゴ染めトラウザーがKEROUACですが、それよりもやや股上が深く裾ひざ下もほぼストレートなサイズスペック。
オーセンティックなサイズバランスが好きな方にお薦めです。

a0122933_18450915.jpg
a0122933_18451269.jpg
a0122933_18451876.jpg
a0122933_18452236.jpg

アンティーク調のメタルボタンや両玉縁のコインポケット、10ozインディゴストライプのポケットスレーキ、フライフロントなどなど各ディテールもしっかりこだわっています。

なお厚手のこのソルト&ペッパーファブリック、見ようによってはウールツイードぽくも見えるので、ワークスタイルはもちろんのこと少し綺麗目なコーディネートにも結構相性良かったりします。

a0122933_18453040.jpg
a0122933_18454492.jpg
175cm57kg、ウエスト70cmでサイズ30着用。
実寸もほぼサイズ表記通りで、ヒップなどもコンパクト。
わずかにテーパードした細身のストレートですので脚が長く見える効果も。
強めのテーパーが全盛の昨今ですが、こういうのも飽きなくていいですよ。


とにかく風合いのある素晴らしいファブリックですが、基本的にレフトフィールドではデニム以外は継続生産されないファブリックですので次は無いと思われます。
気に入っていただいた方は是非お見逃しなく!


オンラインストアでもアップしていますので遠方の方も是非どうぞ。


[PR]
by shoptodayistheday | 2016-11-07 19:24 | LEFT FIELD | Comments(0)
こちらのブランドからも2016AW生産分の第一弾が届きました。


a0122933_17032749.jpg
brand:Left Field
model:CHELSEA
color:Cone-Mills 13oz Red Selvedge Denim
size:29,30,31,32,33
price:23,000yen+TAX


アメリカNYのレフトフィールドのデニムラインナップの中でも一番人気のスリムストレートモデル、チェルシー。
昨年入荷分もほぼ完売状態となっていましたので、同じく13オンスのコーンミルズデニムにて再度オーダーしました。

ちなみに前回と全く同じだと思っていたコーンミルズファブリックですが、かなり濃色で黒っぽかったインディゴの前回分に比べ、今回分は少し青みのあるインディゴ。
また前回分がセルビッジが青耳だったのに対し今回は赤耳といった、少しの仕様の違いがあります。(そのため前回分とは別商品としてHPでも区別しています。)


a0122933_17033336.jpg

a0122933_17033544.jpg

a0122933_17033831.jpg

a0122933_17034193.jpg

a0122933_17034193.jpg

生地厚は変わらず13オンスですので、厚すぎることなく一年中着用が可。
また脚が細く長く見える効果が高いのもこのチェルシーの特長。

a0122933_17034372.jpg

a0122933_17034763.jpg
なお、レフトフィールドのボトム全てに言えることですが、表示インチより大きめであることが一般的な他社製品に比べ、サイズスペックが表示インチに忠実に作られているのでワンサイズほど小さめです。
普段他社製品で29(場合によっては28)を穿く私店主ですが、このモデルは30インチで丁度いい感じでした。ご参考まで。


本日オンラインストアにもアップ完了済み。
同じく弊店で展開しているTELLASON共々、現在のアメリカンデニムではトップクラスのクォリティとこだわりのディテールを備えた、非常に完成度の高いデニムブランドだと思います。
また特にこのレフトフィールドは大々的に日本で展開する気が無いと思われる商売っ気の無さも店主的には惹かれるところ。(というかビジネスが上手じゃないだけかも)
是非ご検討ください!



[PR]
by shoptodayistheday | 2016-07-25 17:52 | LEFT FIELD | Comments(0)

LEFT FIELD 2-PACK T

梅雨になりそうでならない微妙なこのタイミング、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ま、暑いのもひと段落して過ごしやすくなったんですけど。


本日は地味に人気のこちらが入荷しましたのでご報告。


a0122933_19450524.jpg
brand:LEFT FIELD
model:2-PACK T-SHIRT
color:WHITE,GREY,NAVY
size:S,M,L
price:9,500yen+TAX


昨年より取り扱いを開始し、ジワジワ人気が復活してきているUSAブランド、LEFT FIELD(レフトフィールド)。
主にデニムを中心としたボトムがメインのブランドではありますが、隠れた名品がこちらのパックT。
ほぼ完売状態だった昨年からのポケット付きのパックTをオーダーしようとしましたが、今季は生産されなかったよう。残念。
ということで定番としてリリースされている同じスペック・プライスのポケット無しバージョンが生産されていましたのでこちらをオーダーしました。


上述の通り、ポケット無しという以外は全く同じスペックとなります。
丸胴・アメリカ製・ヘビーウェイト・コットン100%・往年のチャンピオンのビンテージさながらのバインダーネックっていう条件だとほぼ皆無に等しい領域ですが、ここにあるんですねー。
このスペックで1枚当たり税込5000円ちょい。このディテールでアメリカ製っていうだけで希少ですが、このプライスも昨今の事情を考えると割安に感じます。


a0122933_19450937.jpg
a0122933_19451178.jpg
a0122933_19451376.jpg
a0122933_19451528.jpg


ド安定のホワイト・グレー・ネイビーの3カラー。
ホワイトのLサイズのみ在庫がなかったようで入荷しませんでしたが、昨年よりご要望の多かったホワイトのSサイズもがっちり確保。

もともとリピート率の高かったものだけに、ポケット無しバージョンという違いこそあれ既に好調な売れ行き。


本日オンラインストアにもアップしておりますので、売り切れる前に是非どうぞ。




[PR]
by shoptodayistheday | 2016-05-30 20:03 | LEFT FIELD | Comments(0)
皆様こんばんは!来週からは例年以上に寒い本格的な寒気が到来するそうですね!遅いっつーの。
完全に春へと気持ちを切り替えた弊店には見たくもないニュースでした。





さてさて、連休をいただく直前にこっそりアップしてしまっていたこちらのパンツ、本日もお問い合わせをいただいたり、アップする前から店頭では顧客様を中心に絶賛いただいていたり、とヒットの予感。。
サイズ切れを起こす前に早めのチェックをお願いします!




a0122933_17452223.jpg

brand:LEFT FIELD
model:KEROUAC
color:INDIGO
size:29,30,31,32,34
price:28,000yen+TAX



お蔭様でジワジワとデニムも認知度が上がってきた、NYの「LEFT FIELD (レフトフィールド)」。
ヴィンテージマニアのデザイナー、クリスチャンがリリースするアイテムはデニムにとどまらず、チノやワークトラウザー、シャツ、ブルゾンなどなど、オールドスタイルなアメカジが好きな方ならきっとハマるマニアックかつ男のロマン的なウェアばかり。

そして今回入荷したこちらのトラウザー、ネーミングでもうお判りの方もいらっしゃるとおりの、あのビートニク文学の祖がイメージソースのようで。
トム・ウェイツやボブ・ディランなんかがBGMのロードムービーに出てきそうな、ちょっとアウトローでスタイリッシュなアメリカの若者といったイメージ。
砂塵が舞う荒れた地を走るボロいシボレーとウェリントンサングラス、チープなモーテルと酒場。うーん、なんかカッコイイ!

そんな私は10年ほど前にケルアックの代表作「路上」にトライするも途中で挫折。。うーん、イメージは好きなんだけど、文体がいまいち性に合わない…。


そう、脱線も甚だしいのですが、つまりはかなり格好いいパンツということ。
中産階級で育ちは悪くないのにどこかアウトロー。そんな少し品があって少し色気がある、なんともイイ雰囲気のトラウザーです。


a0122933_18165235.jpg
a0122933_18170847.jpg
a0122933_18172761.jpg
いかがでしょう、このアメリカンブランドしか作りえない独特の雰囲気。
ホント1940-50年代のデッドストックと間違えてしまうぐらい、アメリカ人にしか作れない佇まいですね。





洗うと糊が落ち、生地の表情が変わります。
ナス紺っぽい色から、皆さんがよく知るインディゴな色目に変化します。


a0122933_18181576.jpg
背景ばかり書いて、うっかり製品の詳細を書くのを忘れていましたので、少々。


まず素材は、デニムで有名なコーンミルズの10オンスインディゴツイル。
一般的にたまに見かける後染めのインディゴ染めと違い、先染めのインディゴ糸で織り上げたツイル(チノ生地)のため、色の奥深さが違います。
この生地だけでも相当なコストがかかるもの。
ツイルとしては珍しくセルヴィッジが付いた、旧織機による生地ですね。


またミリタリースペックのメラミン樹脂ボタン、フライフロント、ストライプシャンブレーのポケットスレーキ、ミリタリーチノ同様の両玉縁ヒップポケットなどなど、デザイナークリスチャンのこだわりが満載。

また素材も素晴らしいのですがmなによりこの「KEROUAC」のよさはその抜群にキレイなスリムシルエットでしょう。

細身のテーパードジーンズのような、ワーク系トラウザーとしては相当細めのシルエット。
リーバイス505をジャストサイズで穿いたようなシルエットです。


a0122933_18311215.jpg
a0122933_18314097.jpg
ちなみに175cm57kgの店主でサイズ30(ノンウォッシュ)を穿いてこんな感じ。
デニムほどではないにせよやや縮みます。ウエスト1-2cmほど。
ノンウォッシュですこーしゆとりがあったので、洗ってぴったり、ベルトレスで穿けるぐらいでした。ご参考まで。
個人的な感想ですが、ワンサイズ~ツーサイズアップしても全然OKなぐらい、細めのバランスの取れたシルエット。
自分で購入したものはワンサイズアップしました。



うっかり一昨日にアップしちゃってたので、オンラインストアをご覧になった方はチェックいただいているかもですが、今初めてごらん頂いた方、本当におススメです。
最近ジーンズより出番が多いです。(って今日はジーンズですが…)


店頭またはオンラインストアにて是非チェックしてみてください!


[PR]
by shoptodayistheday | 2016-01-15 18:40 | LEFT FIELD | Comments(0)
蝉の鳴き声も減ってきたし、朝晩は微妙に涼しくなってるしで、少しずつ秋の気配を感じられるようになってきた気がします、服屋的に前向きに考えると。

とはいえまだ日中は激アツなのでアウターを探すにはまだまだ早い時期ですが、ボトムなんていががかしら?
店主的には今まで穿いてきたどこのデニムよりシルエット・ディテール共に完璧だと思いますこちら、NYのデニムオタクが作るLEFT FIELD(レフトフィールド)のデニム!


a0122933_19050721.jpg
【L】

brand:LEFT FIELD
model:CHELSEA
color:CONE-MILLS 13oz DENIM
size:29,30,31,32,33,34
price:23,000yen+TAX

【R】

brand:LEFT FIELD
model:GREASER
color:CONE-MILLS 13oz DENIM
size:30,31,32,33,34
price:23,000yen+TAX



先月に先行して届いている今年からのニューモデルのテーパードデニム「チャールズアトラス」に続いて、マイナーチェンジを繰り返し初期から定番として続いてきた2モデル、ストレートフィットの「グリーザー」、スリムストレートの「チェルシー」の最も定番生地であるコーンミルズデニムバージョンで入荷しました。

本当は順番的にこの2モデルを真っ先に展開する予定でしたが、取引開始した当初は在庫がなく、リミテッドのイタリアンデニムや先の「チャールズアトラス」が先に届いちゃってた次第。

ですがこの2モデルが入荷したことで、ようやく新生レフトフィールドをスタートさせたといってもいいぐらい。
まずはこれらを試してレフトフィールドの良さを味わっていただきたく思います。



オーセンティックなストレートの「GREASER」。
a0122933_19115742.jpg
a0122933_19144140.jpg
a0122933_19145335.jpg
a0122933_19150562.jpg
a0122933_19152220.jpg
a0122933_19153518.jpg

ヴィンテージデニムの王道、1950年代の501XXへのリスペクトが込められた、パイプドステムのオーセンティックストレート。
ですが501XXのズドンとしたゆとりのあるストレートを全体的に削って洗練させた絶妙なバランス。
66モデルの太さのままテーパードを無くしてXXのようなまっすぐなストレートにしたような感じでしょうか。
無骨さと洗練された感じが丁度いい具合に共存している気がします。



そして先にインディゴxインディゴのイタリアン14ozデニムが入荷していた店主お気に入りのスリムストレートの「CHELSEA」。

a0122933_19222448.jpg
a0122933_19223690.jpg
a0122933_19224775.jpg
a0122933_19225889.jpg
a0122933_19231153.jpg
a0122933_19232451.jpg

痩せ型の店主には恐ろしくフィットしたこちらのスリムストレート。
さすがにこの年でスキニーを穿くということも無くなりましたので、このタイトフィットはまさにストライク。
これまでは他社のスリムストレートなどでも腰周りや腿の外側などの余りが気に入らず、100%満足いくものに出会えてませんでしたが、ようやくここに落ち着きました。
これぞ大人のスリムストレート。完璧です。
股上が浅すぎないのも40オーバーにはありがたい。


レフトフィールドのデニム全般に言えることですが、とにかく変にいじらないのがイイ。
とにかく個性のあるディテールを加えがちなデニム業界ですが、ここのはホント忠実にオリジナル(いわゆる1950年代のリーバイス)を踏襲しています。
それでいて本家リーバイスよりシルエットがいいときてます。


ストレートの「GREASER」、スリムストレートの「CHELSEA」、テーパードフィットの「CHARLES ATLAS」と3タイプのフィットのみしかラインナップしていないところも潔くて好感。
しかもそれぞれのフィットが完成形といっていいぐらい、文句をつけるところが見当たりません。



Tシャツを中心とした日本代理店が作り出したブームも去って、現在は本当のレフトフィールドの姿に戻ったデニムメインの実直なラインナップ。
デザイナーのヴィンテージデニムへの偏愛ぶりとシルエットへの美意識が垣間見えるイブシ銀な製品ぞろいです。



「GREASER」「CHELSEA」「CHARLES ATLAS」この3タイプに、自分の体型・着こなしにフィットするモデルがきっとあるはず。

本日オンラインストアにアップしましたので、遠方の方も是非3モデルを比較して吟味いただければと思います!



[PR]
by shoptodayistheday | 2015-08-24 19:45 | LEFT FIELD | Comments(0)

LEFT FIELD CHARLES ATLAS

イェッス皆様こんにちは、いや、こんばんは。
初のハワイ旅行を満喫し、今朝は5時半にパッチリ目が覚めてしまった現在完全に時差ボケ中の店主ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

一足早い盆休みをいただき完全に充電完了しましたので、どんどん入荷中の秋デリバリー商品をご紹介していきたいと思います。(今日もイタリアからナイスなハットが到着…。明日はイギリスから靴が…。)

とりあえず本日は休暇直前に入荷していたこちらを。
a0122933_19411149.jpg
brand:LEFT FIELD
model:CHARLES ATLAS 13oz CONE-DENIM
color:INDIGO
size:30,31,32,33,34
price:23,000yen+TAX



すでにスリムストレートの「CHELSEA」というモデルが入荷していますが、「CHELSEA(スリムストレート)」「GREASER(ストレート、弊店未入荷)」の2つの定番デニムを展開していたレフトフィールドから今年初めてリリースされたテーパードフィットモデルがこちらのチャールズアトラス。


カスタマーから「太腿が太いけどスリムに見せるデニムが欲しい」と多数の要望があり、デザイナーのクリスティアンが応えるカタチでリリースしたのがこちらのテーパードフィット。


腰周り・ヒップは定番の「GREASER」と同様、そして膝上あたりからグッと細くテーパード。
で、股上はやや深め。
基本、リーバイスの505に似ていますが、もう少し膝を細くした感じでしょうか。穿くと505より全然洗練されたシルエットです。見事。


また素材はレフトフィールドでは定番の、13オンスのコーンミルズホワイトオークデニム。
ちなみに9月あたりに上記「CHELSEA(スリムストレート)」「GREASER(ストレート)」でも定番のこの13オンスデニムが入荷します。
厚すぎず薄すぎずの、年間通して穿ける程よいオンス。
信頼のホワイトオークデニムですので、もちろん色落ちは間違いございません。安心感あります。


a0122933_19562209.jpg
a0122933_19563631.jpg
a0122933_19564936.jpg
a0122933_19570243.jpg

a0122933_20043172.jpg
a0122933_20075756.jpg

しばらくの間、くるぶしを出す短めが流行ってましたが、長めで穿くのが今年の気分の店主としては、軽く腰穿きしてのこの感じがお気に入り。
30インチで裾幅17cmなので、膝から下はまあまあ細めですね。


店頭にはワンウォッシュ済みのサンプルもご用意しておりますので、洗濯後の雰囲気も見ていただけます。
遠方の方は、どの程度お伝えできるかは判りませんがこちらの画像で。

a0122933_20034401.jpg
a0122933_20035998.jpg
a0122933_20041172.jpg

変にオリジナリティやアレンジを加えずに、生真面目に作ったジーンズ。
そして絶妙なシルエットにまとめるセンスのよさ。
この2つの要素がレフトフィールドの良さだと思います。強く自己主張したい方には不向きなブランドかも。
でもこういうのこそ本当に質が高いジーンズだと思う次第です、店主は。


というわけで、静かに長く愛せるデニムをお探しの方、是非候補のひとつに。


オンラインストアにもアップしてますので遠方の方も是非チェックを。



[PR]
by shoptodayistheday | 2015-08-08 20:21 | LEFT FIELD | Comments(0)
昨日に引き続きレフトフィールドです。


同ブランドが定番としてリリースしている、2枚組みのポケットT。
a0122933_14134648.jpg
brand:LEFT FIELD
model:2 PACK T-SHIRT w/POCKET
color:GREY,NAVY,OLIVE
size:S,M,L


パックTシャツといえばどちらかというと格安なお買い得品を想像しがちですが、レフトフィールドのパックTはそのイメージを大きく超えるしっかりしたもの。


a0122933_14165735.jpg
a0122933_14172164.jpg
a0122933_14173474.jpg

クラシックアメカジが好きな方にはたまらない、丸胴編みヘビーウェイト仕様のポケT。
素材のコットンもリングスパンコットン(いわゆる双糸)を使い、厚手でかつフンワリしたボリューム。
チャンピオンとグッドウェアのTシャツを足して2で割った感じをイメージしていただければいいかと思います。(ネック周りなどディテールなどはチャンピオンっぽく、生地厚はグッドウェア的)
このご時勢にMADE IN USAで丸胴編みのTシャツなんてそうそうあるものではありません。しかもこのクォリティ。

レトロなパッケージややや広めのボディ、洗って少し斜行しながら縦に縮んでいく生地など、ヴィンテージファンにも嬉しい、この「判ってる感」。


しっかりしているので、縮みが出る以外はそうそうへこたれない頑強さもプライス相応。

a0122933_14275406.jpg
上が未洗い、下が洗濯後に乾燥機に掛けたもの。ほとんど変わってません。
厚手ですが、リングスパンコットンのためふんわり柔らか。グッドウェアのようなガシガシした硬さはなく着心地も上々です。



a0122933_14305490.jpg
a0122933_14311094.jpg
洗濯後に乾燥機に掛けたサンプルですが、弊店扱いのオルタナティブやオマージュぐらいの着丈で幅はそれらより広め。実にクラシック。



個人的にはパックTとはいえ相当な水準の無地Tだと思います。間違いなく名品。


こちらもデニムと同じくオンラインストアにアップしておりますので是非お試しください!

[PR]
by shoptodayistheday | 2015-04-26 14:34 | LEFT FIELD | Comments(0)
意外に思うかもしれませんが、こんなブランドを始めてみました。


a0122933_19451169.jpg
LEFT FIELD (レフトフィールド)!


アメカジ好きの方なら既知のとおり、20年近く前から日本でも展開を始めていたアメリカンブランド。
当時から数年前までは日本に正規代理店による展開がなされていたわけですが、当時は正直あまり好きなブランドではありませんでした。
というのも、日本での人気はブランドのアイコンともいえるヘルメットスカルに代表されるバイカー&アウトドアなど古着っぽいモチーフのアップリケが前面に大きく付けられたTシャツやスウェットなど。
個人的にはまったく格好いいと思えない商品ばかりがプッシュされ、しかもプライスもちょっと高め、とその良さがまったく分かりませんでした。



で時が移り変わり、すっかり市場では見かけることもなく存在すら忘れていたこのレフトフィールドからの突然のオファー。
一応調べてみると、日本代理店も既に消滅している模様。
さらに本国のオフィシャルサイトを確認すると、意外と硬派なラインナップでちょっとビックリ。
日本で定着していたブランドイメージとはかけ離れた、職人気質なかなり渋いブランドであることが判りました。



ということで取り扱いをスタートさせていただいたレフトフィールド、過去の定着したイメージとは全然違う、デニムを中心とした硬派なラインナップでプレゼンテーションしていきたいと思います!



と前置きが長くなってしまいましたが、第一弾として届いたのはデニムとTシャツ。
カジュアルの核となる2アイテムであり、この基本がブランドのクォリティを如実に現すといっても過言ではないかも。
ちなみにレフトフィールドは共に高いクォリティ。
というか日本代理店が強く打ち出していたアップリケのTシャツやスウェットなどは本国では存在せず、かなりソリッドなラインナップです。
なぜ日本代理店があんな商品をプッシュしていたのか未だに謎。それら以外が素晴らしいのに。
こちらを見ていただければ皆様にもきっと判って頂けると思います!




a0122933_20045515.jpg
brand:LEFT FIELD
model:CHELSEA
color:INDIGOxINDIGO ITALIAN 14oz DENIM
size:29,30,31,32,33,34
price:26,000yen+TAX



経糸横糸ともにインディゴ糸で構成された14オンスのイタリア産ダークデニム!(リミテッドファブリックバージョンだそう)
通常のデニムでは擦れにより横糸の白が浮き出てくるのですが、こちらは横糸にもインディゴ糸を使用しているため、織りはデニムですが、極厚のインディゴツイルのような感じに捉えていただくのがいいかと。

ですので裏返してもほぼ同じインディゴ色!
a0122933_20105960.jpg
a0122933_20112011.jpg
a0122933_20115366.jpg
素材・ボタンやリベットなどのパーツ・付属のフラッシャーなどなど、全てにおいてアメリカンビンテージへのリスペクトが伺える、アメカジ愛に溢れたコダワリ仕様。


もちろんシルエットも◎。クラシックをリスペクトしつつもしっかりとモダンスタンダードへと咀嚼。
かといって流行にも媚びずクラシックさも残した、デザイナーのセンスを感じるとてもきれいなスリムストレートに仕上げたのがこのモデル"CHELSEA"。
股上は決して浅めではなく深めでもない、万人に受け入れられる適度さ。
スキニーまではいかない、細めのストレートはほんの僅かにテーパードしており、長めでもロールアップでも。


a0122933_20260248.jpg
a0122933_20262052.jpg


以前は日本市場が大きなマーケットだったようですが、デザイナーのクリスチャンは本当は、アメリカ人にアメリカンメイドの服を着てその良さを感じて欲しいがためにブランドを作ったとのこと。



“L.L.Bean がシグニチャーコレクションを作るよりも、Land’s End がキャンバス地を使うよりも、
J.Crew がRed Wing を扱うよりも前からLeft Field NYC はあったじゃないか”


これは、アメリカのあるWEBサイトでレフトフィールドが紹介された際の一文だそうです。
大手アパレルブランドがオールドスタイルを取り入れるよりももっと前からレフトフィールドはアメリカ製に拘ったモノづくりをやっていた、という内容。シビレた。



現在、ほとんど日本には新しい商品は入ってきていないようですが、本来の姿のレフトフィールドの商品を少しずつ増やしていきたいと思っております。
(ただ、デザイナーのクリスチャンが偏屈っぽいので一抹の不安も残りますが)




ちなみに1本サンプルとしてウォッシュしてみました。(着用画像はこれ)


a0122933_20353028.jpg
a0122933_20354409.jpg


うん、巷に多い軽い気持ちで作られたブランドのものとは明らかに違う!どこがと言われると表現が難しいのですが、なんか違うんです。ちゃんと作ってる感が。



と本日は文字数・画像数ともに多めでお送りいたしましたが、久しぶりに多くを語りたくなる、そんな製品。


オンラインストアにも画像盛りだくさんでアップしておりますのでアメカジ好きは要チェックです!

[PR]
by shoptodayistheday | 2015-04-25 20:43 | LEFT FIELD | Comments(0)