大阪南船場のセレクトショップ『TODAY IS THE DAY』のスタッフブログ


by shoptodayistheday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:other select( 88 )

本日はX'mas直前の祝日とあってか、やはりカップルのお客様が多かったのですが、それにも増してなぜかファミリーでの来客が多かったような気がするのは弊店だけの珍事でしょうか?

とはいえ第一丸米ビル唯一の紳士服売り場であります男性専科の弊店としましては久方ぶりの女性率の多さ(100%彼氏と一緒ですが)に、接客にも熱が入ったのは言うまでも御座いません。

そんな訳でなんとなく華やぎのある一日というか街全体が華やいだ感のある、ドキがムネムネするこの時期。おかげさまでここ二週間ぐらいは、マフラーやブランケットなどプレゼントに適した商品はやはり人気です。

と、いかにもプレゼントに適した商品をご紹介しますという流れですが、いつもながらの強引な前フリでもって、X'masには全く適さないであろう男臭さ漂うマニアックなこちらの商品をご紹介いたします。


a0122933_20294149.jpg


数字をマジックで荒っぽく書きなぐったこの箱、中身はこれ。






a0122933_20314614.jpg

US NAVY OXFORD SHOES(OFFICER SERVICE SHOES)
color:BLACK
size:8R,9.5R,10R
price:15,750yen(in tax)

今回入荷しましたこちら、デッドストックのUS NAVYのオフィサーシューズ(サービスシューズ)。
ユーズドではしばしば見かけるこちらですが、デッドストックしかも全サイズレギュラーワイズでの入荷は貴重だと思います。(BやCワイズの細いものが多いのです。)

サイズ8の1992年製x1足を除き、他は全て1988年または1989年製のもの。

ビンテージショップなどでも2万円オーバーが相場のこのデッドストックシューズ、今後この値段で出ることは少ないのではないでしょうか。


a0122933_20491027.jpg



ちなみにこちらは店主私物の同モデル。履きこんで皺が付いてくると、雰囲気も一層良くなってきます。
a0122933_20511013.jpg



至極プレーンなフォルムとディテールですが、飽きずに多くのコーディネイトに使っていただけそうです。

と当ブログでご紹介する前に既に数足減ってしまいましたが、まだ若干数在庫がございます。
入荷サイズに偏りはあるものの、サイズが合いそうな方はお早めにどうぞ!

なお、ユーズド品と違い、仕様・状態が同じであるデッドストックですのでオンラインストアにも先日アップいたしております。遠方の方はそちらでもご覧いただけますので是非。
[PR]
by shoptodayistheday | 2010-12-23 21:03 | other select | Comments(0)
時々、ご来店いただいた、またはオンラインストアにてご購入いただいたお客様から「ブログ見てますよ~。」と有り難いお言葉をいただきます。照れくさいですがとても嬉しく思います。


いつもながらこの前フリに苦労させられるわけですが、以前のPENDLETONブランケットをご紹介した際のアクセスの伸びはここ最近で群を抜いていましたが、PENDLETONのおかげなのか下ネタのおかげなのか正直微妙なところです(;゚д゚)

と基本的に大してアクセスの無い当お粗末ブログのアクセスアップのために終始下ネタで攻めたいところですが、年齢に伴う精力減退のためそんなに連発もできませんということでサックリと商品のご紹介に移らせていただきます。


a0122933_1711650.jpg

Dickies Double Knee Painter Pants (USA limited)
size:30,32,34
price:5,775yen(in tax)


カラーはこちらの2色。
a0122933_1735306.jpg

WHITE。

と、
a0122933_1736452.jpg

NATURAL。

こちら今更説明不要かとは思いますが、ストリートに復活して久しい Dickies(ディッキーズ)。
ここ2,3年の間に日本企画有りぃの、各ブランドの別注ありぃのですっかりおしゃれパンツの仲間入りを果たしておりますが、「今更手を出せるかバカヤロー」とちっぽけなプライドが邪魔をして手を出さずにいました…。


巷に溢れるこのブランドのワークパンツは流石に今から扱うことはしませんが(多分…)、個人的にモロ好みの白系ボトムス、且つ日本代理店での扱いが無い、こんなオーセンティックなUSAモデルなら別腹です。なおかつオシャレ感がビックリするほど皆無なワーク然としたところも逆に惹かれます。って天邪鬼ですかね?
生地感もチノパンぐらいのウェイトのコットンドリル、しかもダブルニーですので年間通していけます。




汚れるからか?あまり穿く人を見かけない白系ボトムス。春夏のイメージが強いかもしれませんが、アウターなど9割以上の人がダークな着こなしになる秋冬にこそ真価を発揮します。
黒いコートに黒いブーツに白パン って格好良くないですか?


ちなみに、股上が浅いわけでも脚長効果のシルエットがあるわけでも特殊な加工がされているわけでもない、本ッ当にフツーなペインターパンツ。値段もそれなりです(笑)
このオシャレのオの字も感じられないリアルワークなディテール、逆にファッションとして取り込みたくなります。こういうのを、オシャレなパンツを穿いている人より格好良く着こなすのがオシャレの醍醐味だったり。ザッツ反骨精神。


今回、久しぶりにベタなワークパンツを穿きましたが、シルエットも思っていたよりも太くなく案外すっきりと穿けます。結構太めかな?と予想してましたので嬉しい誤算。
店頭にはウォッシュサンプルとして各色1本ずつ用意しておりますのでご試着の際は参考にしてください。

↓WHITE。
a0122933_1741431.jpg


↓NATURAL。
a0122933_17421811.jpg



オンラインストアにも先日アップいたしましたので詳細はそちらまたは店頭で!
[PR]
by shoptodayistheday | 2010-11-16 18:16 | other select | Comments(0)
ここ数年、自分の中でブーム再燃のエンジニアブーツ。

既に入荷しているVIBERGを買おうか迷っている中、またまた迷わせるブーツが届きました。。


a0122933_19561492.jpg

HATHORN by WHITE'S Engineer Boots(11" height #430Vibram)
color:BLACK
size:7EE,8EE,9EE
price:52,290yen(in tax)


最高峰のワークブーツブランドである WHITE'S(ホワイツ)のセカンドラインともいえるレディメイドラインの HATHORN(ハソーン)。
WHITE'Sがバイオーダー生産(オーダー数のみ生産)なのに対しこちらHATHORNは一定量を予め生産しストックを持つ、そういった生産背景の違いがあります。


レディメイドであること+革質や生産工程の差から、もちろんWHITE'Sのクォリティには及びませんが、品質・プライス的に丁度WHITE'S~REDWING&CHIPPEWAの中間的存在でしょうか。

しかしながらラスト(木型)はWHITE'Sと同様のためブリッとしたトゥのボリューム感は迫力があります。
a0122933_20123045.jpg




ハイト(高さ)はスタンダードな11インチ。
分厚いヴァンプ(甲)の革に比べ、シャフト(筒)の革は少し薄い革を使っているため屈曲性も比較的楽になっています。それによりシャフト部分はクッタリ感が出易くなっていますので「11インチハイトは長すぎるなー」という方でも少し履き込めばクシャッとなり程良い高さになってくれるはずです。
またシャフトの革を少し薄くしている+トゥのスチール無しといった分の軽さもあって、一般的に「歩きにくい」というイメージが付きまとうエンジニアブーツらしからぬ歩き易さには正直ビックリしました。
(少し薄いとはいえ最初はビンビンに直立しています。一応誤解の無いように。)


a0122933_20195631.jpg




なお、市場価格が6万円ちょっとのコヤツですが、弊店の価格は2割弱ぐらいお安くなっております!


「10万クラス(WHITE'SやWESCO、VIBERG)のものは流石に無理だけど…、よく見かけるレッドウィングやチペワじゃ不満が…」
とお悩みの方には是非お試しいただきたいブーツです。


オンラインストアにも詳細をアップしています。
[PR]
by shoptodayistheday | 2010-10-07 20:41 | other select | Comments(0)
本日は雨の中、多くのお客様にご来店頂き誠に有難う御座いました!
中には悪天候の中わざわざ和歌山県から来られた顧客様も…。感謝です、本当に。

と先日もまたアウターなどが入荷し、店内はすっかり秋模様というか冬支度。。
サイズ等揃っている今、かなり見ごたえあるラインナップになっておりますので是非ご来店いただければと思います。


と本日は新たに加わった英国ブランド、Johnstons (ジョンストンズ)のマキモノを。


a0122933_1926812.jpg

Johnstons SILK&CASHMERE STRIPE STOLE
color:1/BEIGExPURPLExWINE
    2/BEIGExORANGExBROWN
    3/BLACKxBLUExPURPLE
size:50cm x 180cm
price:15,750yen(in tax)


ブランド名としてはあまり馴染みの無いブランドですが、実は知る人ぞ知る、カシミア製品をメインとした超一流のファクトリーブランド。ちなみにカシミア専門のファクトリーはここを含め世界にたった数社しかないそうです。また、なにを基準に超一流かというと、提供しているブランドがこれまたスゴい!スゴ過ぎます!


・HERMES(仏)
・Dior(伊)
・BURBERRY PROSUM(英)


世界でもトップクラスのクォリティを誇る上記ナショナルブランドのカシミア製品をOEM生産しているのです!
個人的にはこのバックボーンだけで最早「買い」です(笑)

カシミア製品に圧倒的信頼を寄せられる、そんなスコットランドの老舗ファクトリー…
なんと、


a0122933_19375890.jpg

創業が1797年!!!(実に213年もの歴史!)
現存する老舗ブランドのなかでも、とりわけ「超老舗」と言えます。


ファクトリーブランドなだけあってか、デザイン性の高い商品はあまりありませんが(すいません。)、展示会にて目を奪われたのがこちらのストール(マフラー?)。

SILK35%、WOOL25%、CASHMERE24%、LINEN16%のブレンドは、「光沢」「軽さ」「適度な保温力」「しなやかさ」「強靭さ」「通気性」などを兼ね備えたミラクルなブレンド。

しかも、美しい発色のカラフルなストライプですが、上質な生地感も相まって非常に上品なのです。
(メゾンのファクトリーという先入観を持った上での感想では決してありません!)

ウール100%の厚手のマフラーのような保温力はありませんが、ゆるく巻けばリネンならではの通気性を発揮し、しっかり巻けばカシミア&ウールの保温性を発揮。
夏以外の3シーズンにフル回転します!


a0122933_19551755.jpg


a0122933_19554782.jpg


a0122933_19561775.jpg



実際に手にとっていただければきっと、このプライスが全然高いものではないと実感していただける自信があります。テロテロのサラサラでフワフワです。しかもシャレオツ。


質・デザイン・価格と全てにおいて納得の卑怯なマキモノ、是非店頭にてご試着ください!

オンラインストアにもアップしております。
[PR]
by shoptodayistheday | 2010-10-03 20:22 | other select | Comments(0)
どうやら本日より全国的に梅雨明けしたようで、これから炎天下の真夏日が続くことになるわけですが、紫外線による肌のダメージ、というかシミができるのが気になる30代後半の店主としましてはこれからの時期はサングラスは必須!紫外線は眼からも侵入して日焼け及び肌にシミをつくると言われておりますので意外とサングラスはそういったことにも効果がありやんす。

というわけで、弊店定番のSUPERのサングラスも残り1点のみといった感じですがそんな寂しくなったショウケースを埋めるサングラスが届いております!しかものっけからスペシャルプライス!サマーセールは明後日19日までとなっておりますが、こちらは完売するまでこのスペシャルプライスですので見逃し無く!!


a0122933_1842413.jpg

Christian Roth  Sunglass
price:12,600~15,750yen(in tax){Retail Price:32,550~43,050yen(in tax)}

モデルによって定価は違いますが、通常32,550円~43,050円のものが62~64%OFF!
著名なセレブやミュージシャンに愛用者の多いクリスチャンロスのアイウェア。
また、カールラガーフェルドやアンドゥムルメステール、ラフシモンズなどのデザイナーのコレクションにもコラボレートしたアイウェアが使われたりとアイウェアブランドとして確固たる地位を築いています。

30オーバーの方は懐かしくもある、10年ぐらい前にデカサングラスがブレイクした際の立役者といってもいいほど。
マドンナやミックジャガー、日本では今は亡きhideなどが有名な愛用者ですがなんといっても最もこのブランドのアイウェアを日本で有名にしたアーティストといえば、もちろんこの人!

a0122933_181639100.jpg

レニークラヴィッツ!!

※ちなみにこのカッコ良すぎる絵は自身のblogにて作品をアップしているアキトラ氏という方の作品。当ブログでは勿論使用許可を頂いております。他にもモニカベルッチやジョンマルコヴィッチなどをモデルにした作品などが多数!興味がある方は下のリンクから御覧下さい。
アキトラ氏のブログ、「 顔〓顔〓顔、彩り。



というわけで、掛けるだけでレニクラ気分のクリスチャンロスのサングラス、こちらの4型がございます。
a0122933_18231527.jpg


a0122933_18233121.jpg


a0122933_18234259.jpg


a0122933_18235777.jpg



ここ最近、ウェリントンなどのナードな黒縁眼鏡の流行のため、サングラスを掛けている男性が少なくなったような気が…。となると敢えてデカサングラスをかけたくなるのは私だけではないはず!ナードな草食系黒縁眼鏡もいいけど、そろそろ見飽きた感もあるのでデカサングラスで肉食系男子へ!
あっ、でも秋にはSUPERの黒縁眼鏡新作が入荷するのでそちらも宜しく。


今回の入荷は全て少量のためお早めに!


と最近音楽ネタが無かったので、せっかくだからコチラを。
ロックファンもそうじゃない人も、みんなが揃って「カッコ良すぎ!」と悶絶必至のロック史に残る名曲中の名曲です!






埋め込み出来ませんでしたがこの曲のPVのカッコ良さはハンパ無いので必見!→コチラ



なお、本日アメリカよりNB、フィルソン、ノースフェイスなどがドカンと新入荷・再入荷しております。後日改めて当ブログご報告いたしますので。

では残りの連休中、皆様のご来店をお待ちしております!
[PR]
by shoptodayistheday | 2010-07-17 18:57 | other select | Comments(0)

ハツマキモノ

雨が多く寒かったここ最近ですが、どうやら一段落してきた感じで、週明けからは春らしい気候になりそうですね。

数日前の晩も結構な冷え込みにも関わらず近所の公園ではサラリーマンの「花見」という名の宴、というかドンチャン騒ぎが繰り広げられておりました。盛り上がっている一部の酔っ払いはそうでもないでしょうが、冷ややかに参加しているであろうあまりお酒を嗜まない人たちにとっては罰ゲーム級の寒さ我慢大会になっていたであろうことは想像に難くありません。


本日も少し寒さはありますが陽射しが心地好い快晴です。
いよいよこれから春本番、桜も満開の時期ですが、店頭の方もそろそろ春満開といった感じになってきております。

麗かな陽気の日にはカットソーやシャツなんかでさらりと外出したいところですが当たり前のようにシンプルな装いになりがちなこの時期、「なんか物足りない」と感じる際に活躍するのがこんなマキモノでしょうか。

a0122933_15215285.jpg

MARIO BIANCH  STOLA(ストール)

弊店では初の春夏用のマキモノの取り扱いになります。
もちろん他の取り扱いブランド同様にしっかりとした生産背景、実績のあるブランドをセレクトしています。

<< MARIO BIANCH (マリオ・ビアンキ)>>
イタリアにて1982年に創業の、リネン、コットンなど春夏用の素材の織ストール、織マフラーの専業ブランド。自社ブランド以外に、ARMANIやMAX MARAなどのブランドのOEM生産も行っているファクトリー。製品は全て自社工場によるものでMade in ITALY。



いわゆるファクトリーブランドですのでクォリティの高さに反するリーズナブルなプライスがなんといっても魅力でしょうか。

a0122933_15425987.jpg

MARIO BIANCH "CAPRIONE"
color:tourquoise
material:linen100%
size:195cm x 75cm

a0122933_15445697.jpg

MARIO BIANCH "TEMPURA"
color:grey,smoke yellow
material:linen63%,rayon28%,cashemere9%
size:195cm x 58cm

a0122933_15471637.jpg

MARIO BIANCH "CACCIUCCO"
color:blue,orange
material:linen58%,cotton42%
size:195cm x 58cm


モデルでいうとこの3種類になります。それぞれ素材のブレンドや柄が違いますが、プライスは全て

7,350yen(in tax)!!


イタリアメイドでこのクォリティ。そして財布に優しいこの価格!
いいの見つけたな~と思っております(笑)


なお幅の差はあれど長さは全て195cmと充分ありますので、ふんわり巻くのもぐりぐりと巻きつけるのもお好みで。


a0122933_15532061.jpg


a0122933_15533826.jpg


a0122933_15535661.jpg


a0122933_15541392.jpg


a0122933_15543121.jpg



本日はもちろん、明日日曜も良い天気になりそうです。
身に付けるアクセサリーでは一番春らしさを演出できる、エアリーなリネンストール。どれもおススメですので是非お近くにお越しの際はご来店下さい!



なお、先日の「ラコステ"RED LINE"」共々オンラインストアに一気にアップいたしておりますので遠方の方はそちらでも御覧いただけます!
[PR]
by shoptodayistheday | 2010-04-03 16:02 | other select | Comments(0)

「!」

う~~ん…、暖かくはなりましたが雨ですね。。たぶん明日も。。

本日より4月、つまり新年度。新社会人の皆様はさぞ緊張の日々じゃないでしょうか。
初々しい。うん、緊張感は大事だ。自分で店をやると最も感じなくなるファクターだ。常にユルユルなのである。なんとかせねばと思いつつ今日もユルリと終了間際。嗚呼、自営業って素晴しい。
誰か叱ってくれへんかな。マリアンヌ様(キノコホテル)とか。


とはいえ新商品が続々入荷中ですので結構な量の写真も撮って仕事はしております、一応。

まだオンラインストアにはアップできていませんが、こんなのも入荷してきております。

a0122933_19191299.jpg


言わずと知れた定番のラコステのポロシャツ…


では有りません!




2009年よりスタートした本国フランスのラコステのニューライン、

LACOSTE "!" (LACOSTE "RED LINE")



"LACOSTE ! " (LACOSTE "RED LINE")はクラシックな素材やディテールはそのままに、シルエットや細部のデザインをモダンにアレンジしたフランス企画のコレクション。
通常のラインより肩幅・身幅を狭くし、細長いシャープなシルエットにリモデル。
洗いこんでいくうちにボックス型に縮んでいく従来のモデル(古着のフレンチラコステを見たことがある人は判るはず)と違い、縮んでも縦長のバランスの良いシルエットを維持するバランスになっています。
また、フロントの前立てや襟も少しスリムなものに。


ともすれば少し「お父さんの休日着」的バランスになりがちだったポロも、これならばモダンにスマートに着こなせるはずです。

コレクションの中には様々なデザインがもちろんあるのですが、シンプルにソリッドなホワイト&ブラックのみでセレクトしました。

a0122933_19335350.jpg


a0122933_19341465.jpg


LACOSTE ! (LACOSTE "RED LINE") Short Sleeve Polo
color:WHITE,BLACK
size:3(XS/JPN:S),4(S/JPN:M)
price:13,440yen(in tax)


日本国内での流通はまだ殆ど無いフランス企画のニューライン。比較的選択肢の少ないジャンルであるポロシャツですが、シンプル&クールなポロシャツをお探しの方には自信をもってお薦めします。
「+ネクタイ」や「+ストール」なんかの様々なアレンジもシンプルだからこそ可能!


頑張って近日中にはオンラインストアにもアップします!
[PR]
by shoptodayistheday | 2010-04-01 19:49 | other select | Comments(0)
誰もが知っているブランドの、誰もが知っているモデル。

そんな超スタンダードなモデルに今シーズンのみのスペシャルモデルがあります。


a0122933_1851694.jpg

Clarks WALLABEE BOOTS w/HORWEEN No.8 CHROME EXCELL LEATHER
color:BURGUNDY
size:UK8,UK8.5,UK9
price:23,100yen(in tax)

そう、クラークスのデザートブーツと並び定番中の定番モデル、ワラビーブーツ。
今回なんと、アッパーのレザーに使用したのは、オールデンに革を供給しているあのホーウィン社の「クロムエクセルレザー」という牛革を使用。しかもカラーNo.8のバーガンディです。

ちなみにこの「クロムエクセルレザー」、

①厚みがある
②オイル含有率が高い
③耐水性が高い
④キズが付きにくい
⑤磨きこむほどに驚くほど光沢が出る

といった特長を持つ、革フェチ・靴フェチにはたまらん素材であります。

なお、オイル含有率が高いので気温等の条件により表面にオイル分が白く浮き出て曇ったトーンになりますし、実際本日入荷して箱を開けると「?」と一瞬目を疑う、薄くヴェールを纏ったようなスガタでありましたが、少し表面をブラッシングすると御覧のような元通りに。

a0122933_1941624.jpg

いや~、いい革です。磨き甲斐あります、ホント。


Clarks というブランド自体にここ10年ぐらい食指の動かなかった靴フェチの私ですが、こいつはかな~り気になります。

a0122933_1914124.jpg

メッチャ履き易いじゃないですか、これ…。と試しに履くと更に物欲が沸々と。
売れ残ることがあるなら(たぶん無いな…)、是非一足強奪したいと真剣に考えております…。

これまた極少数での入荷です。気になられた方はお早めに。(やっぱり無いな…)

ちなみに、「ワラビー」というネーミングは、その袋のような構造上(アメリカのモカシンと同じくグルッと底から甲を包む造り)から有袋類の動物である「ワラビー(カンガルーの亜種)」からの由来となっています。

開発当時、場合によっちゃあもしかしたら「クラークスのカンガルー」になっていた可能性も…。
同じ有袋類で「クラークスのコアラ」だったら間違いなく定番としての存続は皆無。
よかった、「クラークスのワラビー」で、と思う今日この頃。


では週末はご来店お待ちしております!
[PR]
by shoptodayistheday | 2009-11-06 19:42 | other select | Comments(0)