大阪南船場のセレクトショップ『TODAY IS THE DAY』のスタッフブログ


by shoptodayistheday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LE MINOR 51006M & NAVAL 3/4

残念ながらこの土日は雨模様。季節はずれの暖かさはいいんですが、うーん暇。。

さてさて、本日は昨年より展開を始めましたフランスの定番ボーダーの入荷でございます。
地味に安定した人気なので、少し色を付けてみました。


a0122933_18164812.jpg
brand:Le Minor
model:51006M
color:ECRUxMARINE,MARINExECRU
size:3(S),4(M),5(L)
price:16,000yen+TAX



そして、
a0122933_18184509.jpg
brand:Le Minor
model:NAVAL 3/4
color:BLANCxROYAL
size:1(S),2(M),3(L)
price:13,800yen+TAX


日本の輸入代理店による別注の汗止め付きのボーダーバスクシャツに、オリジナルのままの七分袖ナヴァル。


私も個人的に愛用しているサイズバランスの良修正が施された汗止め付きバスクシャツは生成りx紺に並ぶ定番カラーの紺x生成りも追加。
単品はもちろんシャツとの重ね着にも相性が良く、真夏以外のフルシーズン活躍の説明不要の鉄板モデル。

a0122933_18240406.jpg
a0122933_18243596.jpg
a0122933_18250443.jpg
a0122933_18251801.jpg
a0122933_18253521.jpg
a0122933_18254644.jpg
ちなみにMARINExECRUの左肩に付く織りネームですが、なぜかECRUxMARINEの方には付いてません。
多分生産ロットによる差異みたいですが、一応念のため。
個人的には無くてもいいぐらいに思っているのですが。アハハ。
アメリカ物同様にヨーロッパ物も案外適当なんですよね昔から。






そして、セントジェームスやオーシバルなどでもリリースされるフランス海軍の制服である七分袖ナヴァル。
ちなみに正式にフランス海軍で使用するのは七分袖が正解だそう。長袖は民間用としてアレンジされたものだとのこと。なるほど。
a0122933_18283096.jpg
a0122933_18284263.jpg
a0122933_18285280.jpg
a0122933_18290825.jpg
a0122933_18374448.jpg
ちなみに、オリジナルのままだというこのルミノアのナヴァル、ご覧のように着丈が結構短め。
私店主のようにヒョロヒョロの体型でそのまま着ると非常にバランスの悪い長さになってしまいます。
なので着用画像のようにいっそのことシャツとの重ね着前提でのコーディネートがおススメです。
もちろんガッチリした身長の余り高くない方はそのままで十分格好良くなりますが。
薄手の素材のため、度詰め天竺のバスクに比べ縮率も少なめ。
私店主が175cm57kgなので上の画像をご参照ください。(一応未洗いのサイズ2を着ていますが、洗濯してもまぁそんなに変わらないと思います。)
中にはギットマンのシャツ(S)を着ているのですが、なかなかいいバランスで裾が出ます。

また、短めの着丈+七分袖といったコンパクトなバランスのカットソーなので、ボトムには太いものの方が好相性。軍パンなんかもいいですね。




本日オンラインストアにアップ済み。本格的な春はもう少し先のようですが、インナーとして直ぐにでも活躍する名品ですので是非ご検討を!




[PR]
by shoptodayistheday | 2016-02-13 18:48 | other select | Comments(0)