大阪南船場のセレクトショップ『TODAY IS THE DAY』のスタッフブログ


by shoptodayistheday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Hathorn エンジニアブーツ!

ここ数年、自分の中でブーム再燃のエンジニアブーツ。

既に入荷しているVIBERGを買おうか迷っている中、またまた迷わせるブーツが届きました。。


a0122933_19561492.jpg

HATHORN by WHITE'S Engineer Boots(11" height #430Vibram)
color:BLACK
size:7EE,8EE,9EE
price:52,290yen(in tax)


最高峰のワークブーツブランドである WHITE'S(ホワイツ)のセカンドラインともいえるレディメイドラインの HATHORN(ハソーン)。
WHITE'Sがバイオーダー生産(オーダー数のみ生産)なのに対しこちらHATHORNは一定量を予め生産しストックを持つ、そういった生産背景の違いがあります。


レディメイドであること+革質や生産工程の差から、もちろんWHITE'Sのクォリティには及びませんが、品質・プライス的に丁度WHITE'S~REDWING&CHIPPEWAの中間的存在でしょうか。

しかしながらラスト(木型)はWHITE'Sと同様のためブリッとしたトゥのボリューム感は迫力があります。
a0122933_20123045.jpg




ハイト(高さ)はスタンダードな11インチ。
分厚いヴァンプ(甲)の革に比べ、シャフト(筒)の革は少し薄い革を使っているため屈曲性も比較的楽になっています。それによりシャフト部分はクッタリ感が出易くなっていますので「11インチハイトは長すぎるなー」という方でも少し履き込めばクシャッとなり程良い高さになってくれるはずです。
またシャフトの革を少し薄くしている+トゥのスチール無しといった分の軽さもあって、一般的に「歩きにくい」というイメージが付きまとうエンジニアブーツらしからぬ歩き易さには正直ビックリしました。
(少し薄いとはいえ最初はビンビンに直立しています。一応誤解の無いように。)


a0122933_20195631.jpg




なお、市場価格が6万円ちょっとのコヤツですが、弊店の価格は2割弱ぐらいお安くなっております!


「10万クラス(WHITE'SやWESCO、VIBERG)のものは流石に無理だけど…、よく見かけるレッドウィングやチペワじゃ不満が…」
とお悩みの方には是非お試しいただきたいブーツです。


オンラインストアにも詳細をアップしています。
[PR]
by shoptodayistheday | 2010-10-07 20:41 | other select | Comments(0)